ルテインとゼアキサンチン

ルテインゼアキサンチンは、ほうれん草やブロッコリーといった緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの1種で、強い抗酸化作用があることが知られています。

600種類以上のカロテノイドのうち、網膜の黄斑部にはルテインゼアキサンチンだけが存在しています。
この二つのカロテノイド、ルテインゼアキサンチンは、抗酸化作用により網膜に有害な脂質の過酸化を防いでいると考えられています

ルテインゼアキサンチンは、健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める働きがあります。
研究によって、ルテインゼアキサンチンが含まれる果物や野菜を多量に食べると白内障の発病率が非常に低くなることがわかっています。また、黄斑色素濃度は眼球水晶体の透明度に関係しています。

ルテインは、眼にフリーラジカルのダメージを引き起こし、加齢黄斑変性の一因となる青色光を遮光します。

しかし、ゼアキサンチンの方がより黄斑変性症の予防に優れており、またルテインより黄斑部に多く存在し、かつ優れた抗酸化力で黄斑部を守っているカロテノイドといわれています。

ということで、黄斑変性症にはゼアキサンチンを摂取する方が良さそうに思えますが、ルテインは体内でゼアキサンチンの立体異性体であるメソゼアキサンチンに変換され、黄斑部でゼアキサンチンと同じように働くと考えられているので、ルテインを摂取すればゼアキサンチンも自動的に補給されることになります。


posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 健康情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。