肝細胞がん

俳優の鈴木ヒロミツさんが肝細胞がんでお亡くなりになりました。
肝細胞がんですが、鈴木さんは体調不良を訴えてから病院で診察を受けて3ヶ月という短い期間でお亡くなりになったようです。

肝臓のがんには、原発性の肝臓がんと転移性の肝臓がんに分けられます。そのうち、「肝細胞がん」は、原発性の肝臓がんにあたり、肝細胞から発生する「肝細胞がん」の他にも胆汁が通る胆管の細胞から発生する「胆管細胞がん」があります。

しかし、大部分が肝細胞がんであるため、肝臓がんといえば通常、肝細胞がんのこととも言われています。

肝臓は沈黙の臓器といわれるように、症状が出にくく、不調が表に出たときにはかなり病状が悪化していることが多く、分かった時には末期がんであることも稀ではありません。

肝細胞がんの早期発見のためにはやはり定期的な検査が欠かせません。
肝細胞がんの診断方法としては、血液検査による肝臓がんの腫瘍マーカー測定、超音波検査(エコー)、CT、MRI、血管造影などがあります。
最近では、約1cm程度のがんも発見できるほどになっているので、ウイルス性肝炎や肝硬変にかかっている方だけでなく、気になる方は定期的に血液検査と画像検査を受けることにより早期発見につながります。


タグ:肝細胞がん
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 健康情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。