更年期障害

更年期とは、個人差があるもののほぼ45〜55歳をさします。
更年期障害とは、この更年期にホルモンの分泌が少なくなってくるにしたがって体のバランスが崩れることにより起こる不調のことです。

更年期障害は、以前は主に女性の病気と思われていましたが、最近では男性にも起こることが分かってきました。

更年期障害の症状は、人によって様々です。

ほてりやのぼせ、発汗、冷え、動悸、息切れ、むくみといった血管運動神経系の障害。

頭痛やめまい、不眠、イライラ、うつ、耳鳴り、立ちくらみなどの精神神経系の障害。

肩こりや腰痛、関節痛、筋肉痛などの運動器官系の障害。

食欲がなくなったり、胸やけ、下痢、胃もたれ、吐き気、便秘、のどが渇くなどの消化器系の障害。

血尿や頻尿、残尿感、尿失禁などの泌尿器系障害。

月経異常や性交痛、性欲低下など生殖器系の障害。

皮膚の痒みやシワ、くすみ、乾燥といった皮膚の障害などです。

これらの症状があるからといって必ずしも更年期障害とも限りません。
更年期障害と思っていたら違う病気だということもあります。
例えば、肥満、高血圧、低血圧、貧血、甲状腺機能異常、肝機能障害、変形性脊椎症、骨粗鬆症、椎間板ヘルニア、神経症、うつ病などが考えられます。

気になる症状が現れたら、専門医を受診し、更年期障害か違う病気かを検査してもらいましょう。


タグ:更年期障害
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 健康情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。