乳がんの治療法

乳がんには、治療を行った部分にだけ効果が期待できる「局所療法」である外科療法、放射線療法と「全身療法」である薬物療法という治療法に分けられます。

外科療法には、乳房全体を外科手術によって取り除く「乳房切除術」と、しこりを含めた乳房の一部だけを切除してふくらみを残す「乳房温存術」があります。

乳房切除術は、乳房にできたがん組織とその周りの正常組織を同時に切除します。
乳がんは腋窩リンパ節を通って広がる可能性がありますので以前は腋窩リンパ節を全て取り除く「腋窩リンパ節郭清」が行われてきました。

しかしこの「腋窩リンパ節郭清」は合併症の危険も多く、最近は、センチネルリンパ節生検を行うことによって、手術中に腋窩リンパ節転移があるかないか正確に予測できるようになり、腋窩リンパ節転移がないと判断されたときには「腋窩リンパ節郭清」を行わなくても済むようになってきました。

センチネルリンパ節とは、リンパ管に入ったがん細胞が最初にたどり着く腋窩リンパ節のことです。

乳がんのリンパ節への転移を見張っているので「見張りリンパ節」とも呼ばれてます。

センチネルリンパ節生検とは、このセンチネルリンパ節にがんが転移していないかどうかを調べることをいいます。

乳房温存術は、がんを含む乳房を扇状に切除し、残った乳腺を寄せ合って縫合する乳房扇状部分切除術と、がんの周囲に正常乳腺をつけて円状に切除し、直接縫合するか脂肪組織などを使って充填する乳房円状部分切除術があります。

人により個人差がありますので、一番良い方法となるよう医師と良く話し合うことが大切です。


posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 健康情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。