冷えを改善する生活

冷え」は身体の血行が悪くなって起こります。
体が冷えると血管が収縮するため、血液の流れが悪くなるのです。
冷え症」とまではいってなくても、「冷え体質」「冷え性」の方は多いのではないでしょうか?

最近では平熱が35度台の方が増えています。
冷え」により体温が低下すると基礎代謝が落ちますし、免疫機能も落ちてきます。
体を健康に保つためにも「冷え」改善を心がけましょう。

冷え」を改善するために、まずは「体を温める食べ物」を食べ、内側から体を温めます。
体を暖める食べ物の特徴は、以下の通りです。

・かたくて歯ごたえのあるもの
・暖かい色の食べ物。
・北の地方原産の食べ物。
・加熱・発酵させたもの
・塩分が多いもの。

次に「冷え」から体を守るために、お腹や下半身を暖めるよう工夫します。
足下が冷える方はタイツやストッキング、靴下を二重履きにして「冷え」から体を守ります。お腹を暖めるために腹巻きをしたり、使い捨てカイロを活用しましょう。
たくさん重ね着をしても体を締め付けると逆効果になりますので注意が必要です。

体が冷えるときには「三つの首」を暖めると体も温まります。。
三つの首とは「首」「手首」「足首」のことですね。
マフラーやタートルネックの衣類、長めの手袋、レッグウォーマーなどを上手に活用しましょう。

冷え」対策の3つめは運動です。
筋肉は体温を生み出す発熱器官です。
運動で筋肉を動かすことにより発熱し、体温が上昇します。
また血行も良くなるので、体のすみずみまで血液が行き渡り「冷え」改善に役立ちます。


posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 健康情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。