鳥取砂丘(鳥取市)「砂の美術館」

鳥取砂丘(鳥取市)で「砂の美術館」が10月18日から2007年の1月3日まで開催されます。

これはイタリア・ルネサンス期の建物や彫刻を模した砂像を野外展示する企画で鳥取市が鳥取砂丘の魅力を知って欲しいと企画されたものだそうです。

通常、鳥取砂丘といわれているのは、千代川河口の東方に広がる面積約五百四十五ヘクタールの浜坂砂丘のこと。
南北2.4km、東西16km、最大高低差90mを誇る雄大な景色がみものです。

私も数年前に1度だけ鳥取砂丘にいったことがありますが、不思議な感覚ですよ。写真撮影用のラクダがいたのが印象的でした。^^;

東京からだと飛行機で鳥取空港まで、その後、車で15分程度で着きます。
関西方面からはJRかバスですね。

この鳥取砂丘の周辺には神話「因幡の白うさぎ」の舞台となった白兎海岸や、鳥取温泉、温村温泉、東郷温泉、三朝温泉、羽合温泉など1時間くらいでいける温泉もたくさんです。


posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 旅行情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。