テニス肘

健康のためにテニスをする方も多いと思います。
テニスが面白くなりしばらくつづけているとテニス中などに肘が痛くなることがあります。

この痛みが「テニス肘」。
テニス肘と呼んでいますが、正式な名前は「上腕骨外側上顆炎」といいます。

外側上顆とは、親指側の上腕骨の出っ張りの突端のことで、小指側は内側上顆とよんでいます。テニス肘は、この外側上顆の付着部分の筋肉に炎症や断裂が起こってしまいます。
40才を過ぎてくると筋肉の付着部分が弱くなるため起こりやすく、テニス肘といっても、重いものをもって反復作業をするなどのテニスをしていない人にも起こる症状です。

テニスをしていなかったり、静かにしていれば痛みはあまりなく、重いものを持ったり、テニス中にバックハンドでレシーブしたりすると痛んだりします。

テニスをしていても、若い頃からテニスを始めている人はテニス肘にはなりにくいといわれています。

テニス肘の治療も腰痛などの治療と同じように保存療法と呼ばれる対症療法が主流ですが、半年以上も改善しない場合は、手術をする方もいらっしゃるようです。

通常の治療法は、まず安静にして痛みを起こさないようにします。
消炎剤などを湿布したり、塗り薬などで炎症を抑え、肘よりやや下側にベルトなどを巻き上顆部分の負担を少なくしたりします。

安静にすることにより痛みが取れれば、無理のないストレッチなどで筋肉をのばします。痛みがひどい場合には、注射による痛み止めを行うこともあるようです。


タグ:テニス肘
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 健康情報

プチ整形

美容整形といえば、費用も高額、仕事もしばらく休んで秘密に行うといったネガティブなイメージが以前はありました。
美容整形の中でも「プチ整形」は簡単安心な美容整形だといわれています。
でもプチ整形って一体どんな美容整形なのでしょうか?

もしも二重まぶたでぱっちりした目元だったら・・・
もしももう少し鼻筋が通っていたら・・・
誰しもちょっとだけ自分の顔立ちに不満なところはあると思います。

プチ整形とは、傷跡が残らず、自分が気に入らなかったら元に戻せて、手術後も不自然さがないリスクの少ない美容整形のことをいうようです。
一般の美容整形と違って日常生活を行いながら手軽にできるのが「プチ整形」です。

プチ整形には、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの薬剤を注入して整える方法や、ボトックスにより表情をつくる筋肉を麻痺させてシワなどを解消する方法などがあります。

コンプレックスは多少なりとも誰にもあるものと思いますが、それが気になって自信が持てない、積極的になれないのならば気軽に試せるプチ整形も視野にいれてみてもよいのではないでしょうか。

実際、プチ整形をして驚くほど明るく積極的になれたという人も多いようです。
新しい自分を手に入れることで気持ちが前向きになり、プチ整形でキレイになる以上の美容効果が期待できるようです。
外見だけでなく心の変化がキレイの相乗効果を呼ぶようです。

そんな気になるプチ整形の中でも、二重まぶたにする、鼻筋を通す、輪郭修正で小顔にするなどの手術が人気です。
タグ:プチ整形
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 健康情報

美白の季節到来

日差しが強くなってきました!

美白ケア、日差しの強くなる季節には特に効果的にしたいですね。
美白には、なんといってもビタミンC。

美白のなかでも、シミやそばかすにはビタミンCの補給は不可欠。
美白や、シミやそばかすのためにビタミンCのサプリメントを摂っている方も多いと思います。

美白でビタミンCのサプリメントを摂っている方は、原材料を確認してくださいね。

例えば、美白のサプリメントとしてローズヒップのサプリメントがはやりましたが、原材料にビタミンCと書かれていませんか?

美白に効果的で吸収の高い、安全な天然のビタミンCを選んだらふつう原材料はローズヒップのみの表示になるとは思いませんか?

美白効果のあるビタミンCは、63℃以上で壊れてしまうのです。
サプリメントの製造過程で熱を加えているサプリメントはビタミンCが壊れてしまいます。

また、ビタミンCは空気に触れさせると酸化がすすみ、補給のつもりでも実は補給できていない場合もあります。

美白のためにビタミンCを摂ろうと酸味のあるものを摂っても、摂れるのはクエン酸だけの場合があるようです。

美白のためにビタミンCを食べ物で補給するには意外かも知れませんがジャガイモが一番です。
ビタミンCの中でも、ジャガイモに含まれているビタミンCは熱に強いので、熱を使う調理でも壊れる心配はありません。

ちなみに、美白のために避けたいのは、キュウリの皮やお蕎麦。
美白には「ソラーレン」という成分が大敵で多く含まれています。

レモンやライム等の柑橘類には美白のためのビタミンCは含まれていますが、ソラーレンも微量に含まれています。
気をつけましょう。
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| TrackBack(2) | 健康情報

パニック障害

パニック障害とは以前、不安神経症や心臓神経症と呼ばれていた精神疾患のひとつです。

パニック障害は、あるとき急に動悸やめまい、手足の痺れ、吐き気、息苦しさなどを感じ、漠然とした不安感におそわれます。
この症状をパニック発作といいます。

パニック障害は、発作の再発を恐れ不安を抱く予期不安や、発作が怖いあまり1人で外出できなくなる広場恐怖といったことが起こるようになりひどくなると慢性化し、引きこもりがちになります。

パニック障害の治療は、パニック発作をなくすのが目的で、薬物療法と精神療法があります。

パニック発作はイミプラミンという三環系抗うつ薬が効果を発揮するといわれていますが、効果が現れるのに時間がかかり、口渇、便秘、眠気などの副作用が出易いようです。
最近では、アルプラゾラム、ロラレパム、クロナゼパムといったベンゾジアゼピン系抗不安薬が用いられることが多くなっているようです。これらの薬物療法とともに、認知・行動療法も発作を少なくする効果があるようです。

パニック障害の原因は、まだ解明されていませんが、ストレスが原因といわれたり、小さい頃に親と離別・死別、または虐待のようなことを受けたりといった環境によるものといわれたり、パニック障害を発病しやすい体質を受け継いだ遺伝説など色々な説があります。

パニック障害患者は、「うつ状態」や「うつ病」を併発することが多いので注意が必要です。
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 健康情報

桜色の雪山

今年は暖冬の影響で、黄砂の被害が各地で聴かれるところです。

ネットのニュースをみていたら、新潟県で真っ白なはずの雪山がうっすらと桜色に染まっていると写真付きで紹介されていました。

魚沼市と三条市にまたがる守門岳(すもんだけ)。
江戸時代の文献には「紅雪」という記述もあるんですって。

どうも中国からの黄砂の影響らしいけど、いつも黄色い砂とも限らず、赤みを帯びた砂があるらしいです。

車や竿について汚い黄砂
車は傷つきそうだし、竿は洗濯するたびに拭かなくてはどろどろになりそう。

黄砂には悪い印象しか持っていなかったんですけど、雪山がうっすらピンクに見えるってのは悪くないかも。
でも、ピンクに見えるほどの黄砂なワケですね・・・。
タグ:黄砂
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 住まい生活情報

カリブの海賊リニューアル

東京ディズニーランドといえば、「カリブの海賊」。

東京ディズニーランドの「カリブの海賊」が2007年7月20日、リニューアルオープンします。

東京ディズニーランドの「カリブの海賊」アトラクションにジャック・スパロウが登場します。

カリブの海賊リニューアル後には、主役のジャック・スパロウに加え、シリーズ第2作「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」に登場したデイビー・ジョーンズ、また、ラストで驚きの復活を遂げたキャプテン・バルボッサなど、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキャラクターが登場する予定です。

2007年5月23日、アメリカ以外では日本のみとなる「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」のプレミア上映会が日本武道館で開催されます。

また、2007年5月25日にシリーズ最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」が、世界に同時公開されます。

プレミア上映会当日はジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、チョウ・ユンファ、ビル・ナイなどの豪華スターが出席予定。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の簡単なストーリー紹介をすると、「深海の悪霊」といわれるデイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)と東インド会社のベケット卿(トム・ホランダー)が手を結び、海賊たちを滅ぼそうと企んでいる。

海賊たちが救われる方法は、「9人の海賊たち」を招集すること。

なんと、9人のうちのひとりはあのジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)だった。

現在「世界の果て」に囚われの身となっているジャックを、どのように救出するのか・・・。

あとは劇場でのお楽しみ。
映画とディズニーのアトラクション、両方を楽しみたいですね。
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| エンタメ情報

mylo(マイロ)とは

mylo(マイロ)をご存じですか?

mylo(マイロ)とは、ソニースタイルのインターネットサイトのみで限定発売しているフルキーボード搭載のモバイル端末のことなんです。

mylo(マイロ)は、ソニースタイルのオリジナル商品です。

mylo(マイロ)の主な機能は3つあり、電話・インターネット・音楽が楽しめます。

mylo(マイロ)には音声通話ソフトウェア「Skype」(スカイプ)が搭載されているので「Skype」ユーザー同士で、世界中無料で音声通話が可能です。

また、mylo(マイロ)にはQWERTY配列のフルキーボードが搭載されているため、キーボードを使って無料でチャットをすることもできます。

mylo(マイロ)にはワイヤレスLANが内臓されているので、街角のワイヤレスLANアクセスポイントを経由してインターネットにアクセスすることもできます。

他にもmylo(マイロ)ではブログの更新をしたり、Webメールを送受信することもできますし、フルブラウザで画面が大変見やすくなっています。

音楽機能として、mylo(マイロ)には1GBのフラッシュメモリーが内臓されています。

「メモリースティック デュオ」を利用すると、音楽、静止画、動画を気軽に持ち出すことができます。

バッテリーのスタミナも充分あるので、外出先でも楽しむことができます。

軽さは、約150gの軽量ボディ。
街中でも、気軽にネットが楽しめるのでオススメです。
タグ:mylo
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| IT情報

ルテインとゼアキサンチン

ルテインゼアキサンチンは、ほうれん草やブロッコリーといった緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの1種で、強い抗酸化作用があることが知られています。

600種類以上のカロテノイドのうち、網膜の黄斑部にはルテインゼアキサンチンだけが存在しています。
この二つのカロテノイド、ルテインゼアキサンチンは、抗酸化作用により網膜に有害な脂質の過酸化を防いでいると考えられています

ルテインゼアキサンチンは、健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める働きがあります。
研究によって、ルテインゼアキサンチンが含まれる果物や野菜を多量に食べると白内障の発病率が非常に低くなることがわかっています。また、黄斑色素濃度は眼球水晶体の透明度に関係しています。

ルテインは、眼にフリーラジカルのダメージを引き起こし、加齢黄斑変性の一因となる青色光を遮光します。

しかし、ゼアキサンチンの方がより黄斑変性症の予防に優れており、またルテインより黄斑部に多く存在し、かつ優れた抗酸化力で黄斑部を守っているカロテノイドといわれています。

ということで、黄斑変性症にはゼアキサンチンを摂取する方が良さそうに思えますが、ルテインは体内でゼアキサンチンの立体異性体であるメソゼアキサンチンに変換され、黄斑部でゼアキサンチンと同じように働くと考えられているので、ルテインを摂取すればゼアキサンチンも自動的に補給されることになります。
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 健康情報

肝細胞がん

俳優の鈴木ヒロミツさんが肝細胞がんでお亡くなりになりました。
肝細胞がんですが、鈴木さんは体調不良を訴えてから病院で診察を受けて3ヶ月という短い期間でお亡くなりになったようです。

肝臓のがんには、原発性の肝臓がんと転移性の肝臓がんに分けられます。そのうち、「肝細胞がん」は、原発性の肝臓がんにあたり、肝細胞から発生する「肝細胞がん」の他にも胆汁が通る胆管の細胞から発生する「胆管細胞がん」があります。

しかし、大部分が肝細胞がんであるため、肝臓がんといえば通常、肝細胞がんのこととも言われています。

肝臓は沈黙の臓器といわれるように、症状が出にくく、不調が表に出たときにはかなり病状が悪化していることが多く、分かった時には末期がんであることも稀ではありません。

肝細胞がんの早期発見のためにはやはり定期的な検査が欠かせません。
肝細胞がんの診断方法としては、血液検査による肝臓がんの腫瘍マーカー測定、超音波検査(エコー)、CT、MRI、血管造影などがあります。
最近では、約1cm程度のがんも発見できるほどになっているので、ウイルス性肝炎や肝硬変にかかっている方だけでなく、気になる方は定期的に血液検査と画像検査を受けることにより早期発見につながります。
タグ:肝細胞がん
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 健康情報

更年期障害

更年期とは、個人差があるもののほぼ45〜55歳をさします。
更年期障害とは、この更年期にホルモンの分泌が少なくなってくるにしたがって体のバランスが崩れることにより起こる不調のことです。

更年期障害は、以前は主に女性の病気と思われていましたが、最近では男性にも起こることが分かってきました。

更年期障害の症状は、人によって様々です。

ほてりやのぼせ、発汗、冷え、動悸、息切れ、むくみといった血管運動神経系の障害。

頭痛やめまい、不眠、イライラ、うつ、耳鳴り、立ちくらみなどの精神神経系の障害。

肩こりや腰痛、関節痛、筋肉痛などの運動器官系の障害。

食欲がなくなったり、胸やけ、下痢、胃もたれ、吐き気、便秘、のどが渇くなどの消化器系の障害。

血尿や頻尿、残尿感、尿失禁などの泌尿器系障害。

月経異常や性交痛、性欲低下など生殖器系の障害。

皮膚の痒みやシワ、くすみ、乾燥といった皮膚の障害などです。

これらの症状があるからといって必ずしも更年期障害とも限りません。
更年期障害と思っていたら違う病気だということもあります。
例えば、肥満、高血圧、低血圧、貧血、甲状腺機能異常、肝機能障害、変形性脊椎症、骨粗鬆症、椎間板ヘルニア、神経症、うつ病などが考えられます。

気になる症状が現れたら、専門医を受診し、更年期障害か違う病気かを検査してもらいましょう。
タグ:更年期障害
posted by hobonichijoho at ほぼ日情報館

| 健康情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。